やる気と医療の質

どんな仕事でもそうなのですが、長く続けているとマンネリ化してしまって、やる気が失われる時期があります。同じ仕事を毎日繰り返すことに何の意味があるのかと考えてしまって、モチベーションが低下していくわけです。一般の会社でもやる気がないとトラブルの元になりますが、医療従事者のモチベーションの低下はさらに深刻な問題を引き起こす可能性が高いです。医療の現場では、ちょっとした不注意が大きな医療事故にも繋がりかねないため、やる気を出すための方法を事前に確立しておくことは大変重要なこととなります。これは、日本の医療の質にも関わってくる重大な問題です。だからこそ、医療現場のやる気の低下について、もっと危機感を持たなければいけません。

多くの人は、給料がアップすれば仕事に対するモチベーションもそれに比例して上がります。ですから、医療従事者の待遇を改善することが、まず取れる最善の対策の一つになります。税金を投入してでも、医療従事者にストレスなく働いてもらえるようにするべきだという意見は多いです。また、個人レベルでもモチベーションアップのための対策は取れます。たとえば、趣味を持つことも悪くはありません。休暇時や休憩時に適切にリフレッシュができるようになるため、勤務時間の集中力も増します。余計なストレスも適度に発散ができるので、趣味を持つことは推奨されています。家庭を持つというのもいいでしょう。守りたい人がいれば、多くの人が日常の淡々とした業務にもより高い集中力を持って臨むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

やる気が出ない医療従事者も多いってホント?